グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  はじめに >  決算・事業報告

決算・事業報告



決算報告

令和2年度


令和 2 年度 事業報告

作業内容

クリーニング 病院の白衣を中心として横浜市東部病院、若草病院、湘南平塚病院、神奈川県病院、東神奈川リハビリテーション病院と取引をしています。
その他として、地域の保育園より小児用布団カバーのクリーニングも実施しました。
委託加工、清掃作業 主にボールペンを企業から委託を受けて、軽作業を行いました。
金沢土木事務所の清掃委託業務も継続し、乙舳公園清掃を週1回ペースで実施しました。
その他として園内清掃やわかくさ訪問看護ステーションの清掃を行い、清掃技術の向上に努めました。

就労支援事業

合同面接会 参加者がおらず、未参加です。
職場実習の実施 対象者がおらず、未実施です。
就労状況 就労者はいません。

主な行事

宿泊旅行 新型コロナウイルス感染拡大影響を考慮し、実施しませんでした。
令和 2 年度 若草交流会(若草フェスタ)  新型コロナウイルス感染拡大影響を考慮し、実施しませんでした。
令和 2 年度 激励会 新型コロナウイルス感染拡大影響を考慮し、実施しませんでした。

社会貢献活動

公園清掃の実施 生活介護利用者により社会貢献活動として、平潟町内会の公園清掃作業を月1回ペースで実施しました。
わかくさ訪問看護ステーション清掃の実施 利用者の清掃技術の向上を目的として、わかくさ訪問看護ステーション内の清掃作業を週1回ペースで実施しました。
若草ショップの実施 利用者の社会経験の向上を目的として、金沢区の施設の(りんごの森や聖星学園、ミモザ)シフォンケーキやパン、クッキーを仕入れ、若草病院内の一角を借用して週1回ペースで販売しました。

社会自立・生活支援事業(ガイドヘルプ事業)

・新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、実施しませんでした。

体系別事業

障害福祉サービス事業所(通所) 平成22年度に障害者自立支援法(現・障害者総合支援法)の下新体系移行し、各事業毎に開始しました。
平成25年4月1日には新たに就労継続支援A型事業を開始しました。
事業体系は生活介護事業、就労継続支援A型事業、就労継続支援B型事業の3事業で実施しました。
就労移行支援事業については平成30年11月末に廃止しました。
また、平成30年12月1日から新たに就労定着支援事業を開始しました。
短期入所事業 休止中です。
共同生活援助事業
(グループホーム)
平成24年3月31日に金沢若草園グループホーム「キンモクセイ」を開所し、平成26年12月1日には2棟目となる金沢若草園第2グループホーム「ゆず」が開所しました。
どちらも男性用で1ホームの定員は6名です。親睦を深める為のホーム毎の食事会、合同での食事会と宿泊旅行及び日帰り旅行新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、実施しませんでした。
計画相談支援事業 平成30年12月1日から新たに計画相談支援事業を開始しました。