グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



TOP >  はじめに >  若草園について

若草園について


施設環境の紹介

(1) 基本理念

みんな仲よく、明るく、楽しく ~ 利用者
 寄り添う支援を目指して ~ 職員 

  • 利用者主体の施設運営に努めます 。(人権の尊重)
  • 日中活動の質の向上に努めます。 (アセスメントの充実)
  • 利用者、家族等からの安心と信頼を得られるように努めます。 (職員の資質の向上)

(2)行動計画

① 質の高い福祉サービスの提供

  • 一人ひとりの意思を尊重し、アセスメント機能の充実を図り支援体制を確立して、自立と社会参加をすすめます。(アセスメントとは、何が、なぜ起こっているのかを理解し、それを解決するための課題を明らかにしていくこと。)
  • 利用者の特性に合わせた支援体制の確立を図り、ニーズの多様化に対応したサービスの向上に努めます。(ニーズとは、本人、あるいは家族が支援してほしいと望んでいること。)
  • 授産事業において、作業の量的拡大や新しく作業開拓を行い充実強化を図り利用者の作業工賃の安定的支給に努めます。
  • 共同生活援助(グループホーム)は、利用者、家族の状況を勘案し、今年度以降必要に応じた新規開所を目指します。(現在2ホームを運営中)

② 医療との連携   

  • 医療機関との連携を更に充実させ利用者の健康維持管理に努めます。

③ 運営基盤の整備     

  • 利用者及び家族が安心して利用できる施設を目指して運営に努めます。
  • 良質かつ安定したサービスの提供のため職員の質の向上に努めます。
  • 利用者の安定受入れを目指して、経営の健全化を図ります。

(3)事業計画(重点目標)

令和 2 年度のスローガン:◎原点に戻って見直そう
〇「みんな なかよく あかるく たのしく」これは金沢若草園の基本理念です。毎朝、利用者さんと職員と唱和しています。単に唱和するだけではなく実行に移していくためには、これまでの金沢若草園のことを見直して、基本理念が実行されるような仕組みに変えていく必要があります。
〇なかよく は 利用者さん、保護者さん、職員が力を合わせていくことです。「ONE TEAM」言い換えるとこの言葉が当てはまります。それぞれが力を出し合い、そして協力し合うことです。
〇あかるく は 健康的であること、オープンであること、互いにコミュニケーションがとれることであかるくなれます。去年までの「みがいてひかること」も必要なことです。
〇たのしくは は 金沢若草園が楽しい場所であること。利用者さん、保護者さん、職員。誰にとっても楽しい場所にしていく努力をしていかなければなりません。
令和 2 年度重点目標

① 経営の安定と工賃の向上(たのしく)
   〇金沢若草園の収入と支出の状態を分析して安定的経営を行う。
   〇新規事業の取組みと工賃向上の取組みの推進。
②  コンプライアンスの取り組み(あかるく)
   〇接遇研修や虐待防止研修を行う。
   〇利用者さんや保護者さんの意見を吸い上げる。
   〇環境改善に取り組む。
③ 危機管理対策(たのしく)
   〇災害対策について方針を定め、危機に対応できる体制づくりを行う。
④ 夢を実現するプロジェクトの推進(みんななかよくあかるくたのしく)
   〇金沢若草園の将来像
⑤ 金沢若草園の役割(なかよく)
   〇済生会横浜金沢医療福祉センターの一員として地域に貢献する。
   〇済生会障がい者就労支援協議会として事例集をまとめ済生会学会で発表する。